ジャガイモやトウモロコシなどの穀物の澱粉(でんぷん)を主原料とした自然環境に優しいエコ素材PLA樹脂(※1)を使った使い捨てエコ食器です。従来製品であるLDPE=低密度ポリエチレンの食器と異なり、土にいれておくと自然界の微生物によって完全分解され堆肥となります。印刷文字には、無毒で汚染物質無しの水性インクを使用してます。健康グッズを販売しているお店やキャンプ用品店などに最適です。

PLA樹脂とは?
PLA樹脂は、別名ポリ乳酸(Poly-Lactic Acid)とも呼ばれており、環境にやさしい生分解性プラスチックです。トウモロコシやジャガイモなどの澱粉(でんぷん)からブドウ糖を取り出し菌により発酵させてPLCを作ります。植物由来の材料なのでそのまま捨てても微生物などにより二酸化炭素と水に分解されます。

主要商品

ナチュラルシリーズと健康シリーズの2種類のシリーズ商品があります。ナチュラルシリーズは、天然竹パルプを使用し、白色材、漂白材、蛍光性物質を不使用、油に強く環境に優しい製品です。もう一つの健康シリーズは、PLAを使った食品グレードの製品です。

印作工程

インクは、ドイツから輸入した専用水性インクを使用。重金属など人間に有害物質を含んでおらず食品用包装の要求に適合しております。インク粒子が小さく細かな絵や文字の印刷が可能です。印刷機は、最先端の欧州装置を採用しており鮮やかで高品質の印刷が可能です。

品質保証

2012年12月9日に山東省技術監督局のQS体系認証を取得、同時にSGSによるアメリカ食品医薬品局(FDA)試験及び欧州EUの食品グレード検査にもパスしました。
2013年4月21日に品質、環境、職業健康安全管理体系の認定も取得しました。

SGS-FDA認証➀

SGS-FDA認証➁

SGS-FDA認証➂

保有設備

設備は欧州より導入した印刷、複合設備を使用。弊社の第一期工場の生産能力は約30億個となっており、現在第二期工場も入れると生産能力は100億個となります。

製造メーカーの紹介


山東弘康包装科技有限公司。同社は2011年6月7日成立、中国大手企業である林泉グループ(職員人数:1万人以上の大手)の傘下企業。所在地は山東省・高唐県経済技術開発区です。敷地面積は約100中国畝(約6.6ヘクタール)。本年度の営業売上は14.4億元(約250億日本円)の見込みです。